好きで、本当に大好きで。

だからこそあなたのためにさよならをした方が正解だったんだなって思えるまで。









目次

この作品のキーワード
親友  実話