最近、一日一回必ず同じ夢を見る。

トンネルの向こうにポツリと佇む一人の男性。顔は太陽の日差しで見えないが、何となく年は私と同じ23くらいでは無いかと直感的に思った。

いつも何かを伝えようとしているがそれは聞き取る事が出来ない。


私はこの男性を知っている気がするーーー


この作品のキーワード
悲しい      生死  家族  兄妹  双子  病気  トンネル