「なぁ、キスしてよいか?」

「・・・つ・・・」

顎を持ち上げ近づくとキスをして来た。

「んっ・・・」

すぐに舌を絡められ深まるキス。

立ってられなくて滑り落ちそうにあると抱きしめられた。