「あの話、なかった事にして下さい」
私と目を合わせることなく目の前の彼はそう言った。

「……わかりました」
「すみません」

そう言って去っていった彼の背中を見つめていた。
“あの話”というくらいだから……私達は付き合ってはなかったのだろう。
確かに、数回食事をしただけで、特に何もなかった。
よくある事で、胸も痛まなかった。

……なのに……。

『すみません』
最後に謝られたせいで、こちらが振られた気分になる。

ついに、脱出できるかなぁって今回も期待したのだけれど……。
気がつけば、“彼氏いない歴”は5年を更新していた。
一つ年を重ねる事に難しくなっていく。

“恋愛”それが一番苦手で、一番望む物だった。