「私ね、まこに口止めされてた。」



そして私は全てを話した。




彼女と紺ちゃんは
2人が結ばれて1年後、同棲を始めた。



その話を聞いた時、
心から喜んだのを覚えてる。



彼女が孤独じゃなくなること。
彼女が心から誰かを愛する喜びを知れたこと。



本当に何より嬉しかった。



同棲の話を聞いてから
仕事を辞める決意が固まったと言ってもいいぐらい



私は2人の絆を感じてた。



彼女の弱みも喜びも
受け入れてくれた紺ちゃんが
私も大好きだった。

この作品のキーワード
純愛  花言葉  病気    カブトムシ  運命  妊娠  出産