待てといふに

散らでしとまる物ならば

なにを桜に

思ひまさまし


(待ってくれと言うのに対して、散らずに枝に留まるものであるならば、何物を桜の花以上に慕おうか)

古今和歌集 
詠み人知らず

※第1回ベリーズカフェファンタジー大賞にて佳作を頂きました。
応援して下さった皆さん、ありがとうございました。

あらすじ

双子の兄・藤原咲哉に扮して宮中に参内することになった左大臣家の姫・依楼葉。ある花見の夜一日だけ女房になった依楼葉は公達と出会う。だがそれは時の帝・五条帝だった。

この作品のキーワード
平安時代  男装  大人  双子  激甘  身分差  秘密  初恋  F大賞1