出会いは、綺麗なものじゃない。

運命とか、そんなのは信じない。

信じれば、裏切られる。

だから、平気で「嘘」を吐く。

信じてる振りをして、疑っていた私。


「好きだよ。」と言えば、

「好き!」と言ってくれる。

「会いたい。」と言えば、

「俺も、会いたい。」と言ってくれる。



だから、信じようとしてしまったんだ。

彼は、あの事件に関わっていたと言うのに。






この作品のキーワード
恋人  信じない  好き  嫌い    別れ  事件  記憶喪失