あの日の事は、きっと夢であって欲しかった。



「ごめん、優那。」

「彼を、どうか、、見守って。」


ブランコに乗ってた君の、最後の言葉だった。


この作品のキーワード
恋人  信じない  好き  嫌い    別れ  事件  記憶喪失