気が付いたら、ここに居た。

和に初めて告白してもらった、公園。


「頭を下げて、そうそう…」


頭を下げて、付き合ってください。って。

顔と耳を真っ赤にして、言ってくれたっけ。


「可愛かったなぁ。」


あの日から、毎日が幸せだった。

毎日、幸せだったよ。


この作品のキーワード
恋人  信じない  好き  嫌い    別れ  事件  記憶喪失