かつて、この星は緑にあふれていた。

太陽の光が降り注ぎ、恵の雨が降り、植物にとっても動物にとっても、この星は楽園だった。

しかし、何千年も経った今、この星はいつ滅びてもおかしくない状況にある。

死の惑星・アデルバード。

この星を救うのは、一体誰なのだろうか?

あらすじ

発展しすぎた化学のせいで、「死の惑星」と呼ばれるようになったアデルバード。

そこに住む少年・エリオットはある日砂漠で小さな宇宙船を見つける。

それに乗っていたのは惑星を調べる調査員でーーー。

目次

この作品のキーワード
  惑星  冒険  調査  対策  友情  化学