私のクラスの笹倉くんは、

学校で超有名な女たらし。


でも、私のことをやたらと構ってくるし、


こんな女たらし、大っ嫌いなはずだったのに。


「東屋。」


なんて、優しい声で呼ばないで───


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


2019.5.3▷start and end


この作品のキーワード
高校生  胸キュン  ドキドキ  短編  すれ違い  溺愛