四月下旬――世間は大型連休となるゴールデンウィークを迎えた。

 朝の情報番組では各地の行楽地の情報を伝え、帰省する人たちが画面に登場したりもしていた。

 そんな楽しそうなテレビを横目に朝の支度をし、両親より一足早く店へと向かう。

 シャッターを開けるために店前に出ると、そこに見た光景に「えっ?」とひとりにもかかわらず思わず声を出してしまった。

 シャッター前に割れて落ちた、五個の生卵。

 店に向かって投げつけたのは一目瞭然で、シャッターに中身が飛び散り、殻は地面に無造作に散らかっている。


「ひどい……」


 明らかに店に対する嫌がらせだ。

 でも私の知る限り、今までこんな嫌がらせを受けたことはないはず。

 一体、誰がこんなことを……。

 昨日の閉店後から今までの時間の間に、何者かが卵を叩きつけていったということだ。

 防犯カメラは店内に一台設置しているだけで、店前には置いていない。

 しばらくその光景にショックを受けて呆然としていたけれど、ハッと我に返りすぐに水を流して清掃を始めた。