机の上に置いたメモをじっと見つめ、つい「ふう……」と息をつく。

 ほんと……字もイメージ通りの字、書く人だな。

 紹介された心療内科にかかりに行った先で、常連の彼がドクターだったということを知り、早一週間……。

 それだけでも十分驚いたのに、帰り際に連絡先のメモを手渡された。

『お店のこと、一緒に考えたいと思っているから、頼ってもらえたら嬉しい』

 あれは、一体どういう意味だったんだろう……。

 心療内科の先生だから、気遣いというか、治療の一環で優しい言葉を掛けてくれたに違いない。

 そうだとわかっていても、手元に残ったこのメモが私をそわそわさせる。

 診察を受けてから、処方してもらった薬を飲んで数日が過ぎると、耳の聞こえは元に戻った。

 安定剤のようなものと、よく眠れるための薬だったけど、回復は話を聞いてもらったことも大きいと思う。

 彼の正体が明らかになって、今まで感じてきたことが納得できた。

 穏やかで柔らかい雰囲気と、優しい話し口調。

 心療内科のドクターと知って、天職に違いないと思えた。

 今度の診察の時、耳のことだけじゃなく、お礼を言おう。

 気に掛けてもらって、嬉しかった、って……。


「未久ー! ちょっと、未久ー?」