「でも、今日のところは送っていく。今はまだ、ご両親を心配させないようにしないといけないからね」

「は、はい……」

「早速娘を持ち帰ったかなんて、絶対印象悪いし」


 そんなことを言って樹さんは苦笑する。

 ホッとしたのと同時、密かに残念だと思う気持ちが芽生えた。


 私……まだ一緒にいたいと思ってるんだ……。


 運転席を降りていく樹さんを横目に、シートベルトを外す。

 もう少し、一緒にいたい。
 そう口にしたら、彼はどんな顔をするだろう……?

 助手席へと回ってくる姿をガラス越しに見ながら、速まる鼓動をひとり感じる。

 言ってしまおうか。やっぱり、そんなこと言えない。

 そう葛藤しているうち、助手席のドアが開かれた。

 樹さんが自然な動作で手を差し伸べる。


「ありがとう、ございます」


 その手に触れて車を降り立った私は、やっぱり今ある気持ちを口にすることはできなかった。