大きな瞳が微かに揺れるのを目撃すると、鼓動が速まるのを感じる。

 未久は俺の目をじっと見上げたまま、時間が止まってしまったように動かない。

 その目には次第に涙が浮かび、キラキラと黒目を輝かせた。


「嬉しい、です……ありがとうございます」


 こんなに数秒間が永遠の時間のように感じたのは初めてだった。

 それほど、彼女の答えを受け取ることに緊張していたのだと思う。

 目一杯に潤んだ瞳からは、ぽろぽろと大粒の涙がこぼれ落ちる。

 ここが店内だということも忘れかけて、堪らず小さな彼女を抱き寄せていた。

 お昼近く――待ちに待った知らせが受付から入って、診療の合間を見てわざわざ足を運んでくれた彼女に会いにいった。

 その途中で沙帆にバッタリ会い、なぜか未久が持ってきた花束を抱えていた。

『お兄ちゃんの言ってた看護師が、未久さんを――』

 沙帆には、花の自動販売機の話のあと、未久とのことを少し話していた。

 俺が目をかけていること、好意を持っていること。

 未久に対して熱心なところを知れば、特別な感情を持っていることは言わずとも察したのだと思う。