✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


女の子はみんな、好きな人に



「好きなやつ、誰?」


って、聞かれたり。



あの人、○○ちゃん(私)のこと、好きらしいよ


って話を耳にしたら─────。




誰だって、期待しちゃう……ものだよね。




。+ฺ・。ฺ・



「まだ離したくない。つーか、離れんな」


「今?お前のこと考えてた。
てか、四六時中お前のことで頭いっぱい」



その人の言動全てにドキドキして。




「ごめん。今は彼女以外、考えられない」



震えるくらい、涙がとまらなくて。



「いじわる?
恥ずかしがるお前が可愛くてたまんないから」



意地悪なくせに、とびきり優しい君に

私は翻弄されっぱなしで。


*


好きな人の好きな人になりたいって思うのは、
私のわがまま、なのかな───……



*.。.:*・゚*.:*・゚


不器用な一途女子×不器用な意地悪男子


*.。.:*・゚*.:*・゚



私のキミへの好きは



シュワシュワとはじける炭酸と

時にアイスのようにとろけるほど甘ったるい



ソーダのような青春だ────。






『密室でふたり、イケナイコト。』のゆずきと瑞稀が演じていたアニメを小説にしてみました(*´˘`*)


一部、作者の体験談が含まれています‪‪☺︎‬



原題『君への好きは私の青春《すべて》』



2021.4.10〜

この作品のキーワード
同級生  イケメン  一途  焦れ甘  胸キュン  素直  独占欲  不器用