車で20分。剛の実家に着いた。

「ぱーぱー、だっこ」

「おいで」

凛を抱き、片手は私の手を握った。

まるで大丈夫だというように・・・。

ピンポーンとチャイムを鳴らすと『あら、珍しいわね』と女性。

「お袋、俺の彼女の杏と娘の凛」

「えっ、剛?」