この無意味な空っぽの世界で


涙に濡れていた私を救ったのは


陽だまりのような男の子だった


いつも一人でいる私に


優しい言葉をくれた


外の世界を知らない私に


色々なことを教えてくれた


私はまだ会ったことのない彼に


恋をしている

この作品のキーワード
花言葉  切ない  感動  病気    秘密  文通  手紙  高校生  記憶