一緒に暮らして二年目になる
あたしの義弟、棗くん。


俺様で意地悪で
あたしを弄ぶ、最低な弟。


翻弄されるあたしをみると
愉快そうにあざ笑う。


「そんな隙、誰にもみせんな」

ねぇ、君のなにを

「……お前なんか大嫌いだ」

信じたらいいの?


***


世界一ムカつく女、
俺の義姉、知紗。


幼馴染の蒼生しか
眼中にないこの女。


気が狂いそうになるほど、
俺は、知紗のことが大嫌いだ。


……もうこれ以上
俺の気持ちを搔き乱すな。


***


好きな人っていうカテゴリーがあるとして
幼馴染の知紗は、
知紗でしかない。


「蒼生」
「知紗」

当たり前みたいに傍にいて
名前を呼び合う俺たちの日常が。


……当たり前じゃなくなった日。


「蒼生……?」

俺はきっと、知紗を
初めて傷つけるんだろうね


***

知紗
×
義弟の棗
×
幼馴染の蒼生

***


恋愛音痴3人の
不器用すぎる恋の話。






2019.05.20 →

この作品のキーワード
幼馴染  同居  イケメン  恋愛音痴  鈍感  距離感  嫉妬  胸キュン  すれ違い  溺愛