「お待たせいたしました、本日のコーヒーとアイスコーヒーです。フレンチトーストとシフォンケーキは、もう少々お待ちくださいませ」



音をたてないよう気をつけながらテーブルにカップとソーサーを置き、にこりと笑みを浮かべて一礼する。

トレーを持ってカウンターの中に戻ると、フレンチトーストを焼いている店長がこっそり話しかけてきた。



「礼ちゃん、接客がすっかり板についてるね。やっぱり記憶喪失なんて、実は冗談なんじゃないのー?」

「あはは……残念ながら、ほんとのことなんですよ」



からかうような彼女の言葉に苦笑して、私は頬をかく。

ここはCafe fluffy(カフェ フラッフィ)。私が銀行を退職後、去年から働き始めた(らしい)カフェだ。

店長の松井(まつい)古都音(ことね)さんは30代半ばのサバサバした性格の女性で、OLとして数年勤めたのち調理系専門学校に入り直し、その後自分の店をオープンさせたというおもしろい経歴の持ち主である。

1週間前から、私はそんな彼女のお店に店員として復帰していた。



「そっかぁ。本当にあるんだねぇ、そんなマンガみたいなこと」



しみじみと話す店長は、先週からもう何度も同じようなことを言っている。

医師の許可を得て退院し、自宅に戻ってからすでに2週間ほど。

私はまだ、失った記憶を取り戻せないでいる。

事故にあって病院で目覚めたあの日からは、もう3週間以上だ。さすがに私は、焦り始めていた。