確かにそうだ。
でも彼は、敢えて智賀子さんの知り合いで口の固い人と言う条件を出して私に当たったと言う事は、彼の周りには、本当に信頼出来る人がいないのかも知れない。

そう考えると、仮にそんな人の中から誰かを選んで契約結婚をしたとしても、相手が高宮の名前に固執する余り、離婚後も揉め事が絶えないなんて事も考えられる。

「さっき、高宮さんからも『期間限定』って言葉が出たから、後日改めて連絡を取ってみようかと思って。
からかわれてるにしては手が込みすぎだし……」

「うん、すぐに返事しなくていいよ。
それまでに適任者が現れるかも知れないし」

私達はそう言うと、この話を終わらせた。

そして後日、改めて彼と会う事となり、私達は『契約』を結ぶ事となった。