女は、たまに思い切り詰られたくなる。

それを全て責任逃れして

悲しみを並べながらそれを眺めては

数を数えて笑うのだ。

「嗚呼、さみしい」

と。

目次