「では、本日から第二王子に食事をとっていただくべく動き出すのですが――」
 私は朝食を済ませると、マリオンとエマを集めこれからのことを話すことにした。
「第二王子に直接働きかけるのは難しいようです。事前に聞いていた通り、ほとんどこの王子宮にはいらっしゃらないらしいとご本人もおっしゃってました。なので、私たちが取るべき方法は間接的に食事をとりたくなるようにするしかありません」
「それはなかなか難易度が高いのではないですか……?」
 私の言葉にマリオンが険しい顔をする。
「本人がいないので仕方ありません。できることから少しずつしなくては……」
 そう言うと、エマが元気よく「はい」と手を上げた。
「どうしました、エマ」
「具体的にはどういうことをするのでしょうか?」
 エマの質問に私は頬を緩ませた。
「ふふふ、具体的にはですね、料理をします!」