女の子「死ぬ理由も生きる理由も全て押し付けてしまえばいい」


男の子「好きで好きで堪らなく大好き、だからこそ死んで欲しいって、思うものでしょ 」


男の子「死ねって言われたやつは少なからずそうしなければならない人間だってことだよ」


女の子「最高の愛は、痛みの共有。どれだけ凄いエッチよりも勝る、傷という外郭的な愛の証」


男の人「背徳感や罪悪感。信じる何かに背くことで、より一層その愛に深みが増す、興味深いと思わない?」


女の子「今度は貴方の舌を掻き切って、その溢れ出る血液で私は受精がしたいの。私って変なのかな…」


人間の奥底にある、

心というソレは、病気になってしまいました。



『三角の底辺は、自分なのでしょうか。』




めちゃくちゃ書き直しますが、笑って許してください!!!

あらすじ

義兄 × 少女 × 人誑し✖︎ ???
人は一人で生きていけないって言葉を生んだ人間は、本当の意味での孤独を味わったことがあるのだろうか。
「死ぬほど後悔しました。自分がいけなかったんだって。それでも、あれだけ落ち込んでも、その後悔ですら私を殺してはくれなかったんです。」

三角形でも四角形でも五角形でもない。

この作品のキーワード
依存  執着  義理兄弟  三角関係  俺様  独占欲  甘々  溺愛  先生