こんなにもドキドキするのは木村くんだけ。




少しでも近付きたくて…



少しでも関わりたくて…





気付けばいつも木村くんの事考えてた。





好き



大好き





どうか、ずっと傍にいさせて


この作品のキーワード
大学生  高校生  胸キュン  木村くん