「じゃあ私、朔哉と結婚する!」

私が結婚を決めたのは高3の冬。
しかも相手は……お稲荷様でした。


小2のとき、ひょんなことでお稲荷様と友達になった心桜。

けれど高三の冬、会えるのはもう少しだけだと告げられる。

神は大人になった人間とは会えない。

そういう決まり、だから。

けれど結婚すればずっと一緒にいられると知り、決意。

人間の世界を捨てて入った神の世界は――ブラック企業だった!?


奈木野心桜(なぎの こはる)18歳

高校卒業と同時に、神様に嫁いだ女の子。

明るくて頑張り屋さん。
少しくらい意地悪されたって、めげない。

まわりのために自分を犠牲にすることもいとわないのが、欠点?

×

御稀津朔哉(みけつ さくや)260歳

九州を束ねる、稲荷神。

見た目は20代半ばの青年。
右目が濃紺、左目が金のオッドアイ。

我が儘上司と厳しい部下に挟まれ、苦労中。

心桜を溺愛。
けれど……もしかして、ヤンデレ?


好きな人のために飛び込んだ神の世界は……意外と人間くさかった!?
どうなる、心桜!?

******
2019/06/01 連載開始
2019/06/25 完結

******
チョロまつ様、素敵なレビューありがとうございます。

この作品のキーワード
F大賞2  お稲荷様  和風  神様  溺愛  ヤンデレ  年の差  神話  異類婚  異世界