仕事が終わり、携帯を開くと

『メシ行こう』

シンプルなメッセージが入っていた。

『お疲れ様です。今終わりました。
終わったら連絡ください』

そう返信するとすぐに返事が返ってきた。

『放射線科にいるからきて』

放射線科はB1にある。

7時を少し過ぎた病院のB1は、人の気配がなくて怖いくらいに静まりかえっている。
自分の足音がやけに大きく聞こえるなか、放射線科のスタッフルームの入り口にくると、今までの静けさが嘘のようにざわざわと人の声が飛び交うのが聞こえてきた。

この作品のキーワード
医者  溺愛  イケメン