『私』は最近毎晩同じ夢を見るようになった。顔が見えないけれど髪の長い白い着物を着た男性の夢。おそらく彼は幽霊なのだろう。
そんな夢の彼がある時目の前に現れて!?
私──幽霊に恋、しちゃったみたいです。


※小説家になろうにも掲載しております。

目次

この作品のキーワード
幽霊  女主人公  ファンタジー  クール  不思議  現代  恋愛  短編