来栖璃稀サマ企画
お題「届かない指先」参加作品☆

*  *  *


#Love

指先で送るこの想い、
どうか叶えて

貴方に届け─


*  *  *


生まれ育った場所を離れて遠い街に引っ越してきた私、愛澄《あすみ》。

知らない街の誰も友達がいない高校に

通うことになった私は、新しい街で見つけた

『#Love』=お気に入りのもの

を撮ってはSNSに投稿して離れてしまった友人たちと

繋がることだけが唯一の楽しみだった。


*


そんな時に出逢った男の子。


「…撮りましょーか?写真」


制服の白いシャツが映える

長身に広い肩と日に焼けた肌が印象的な彼は

人懐っこくて、優しくて、ちょっと不器用。


それに─


「…綺麗だな」

「え…?」

「霊園公園の桜」

「あ…」

「俺もあそこ、すげー好き。
あとチューリップガーデンとか、
科学館のプラネタリウムとか」

「あっ!私も!」

「なぁ、俺らなんか好み合うな」


*


「椿の好きそうな写真映えしそうなとこ、
いろいろ知ってるから聞けよ。

ていうか、なんなら俺が連れてってやる」


あったかでおおらかで、

いつもお日様みたいに笑っている彼に

いつしか惹かれてく─


*


「俺だって彼女の一人や二人いても
不思議じゃねーっつーの」

「ふっ!二人、って!?」

時にはやきもきさせられたり、


「お前、アイツがそんなにいいのかよ」

「え…」

「…あんまし妬かせんな」

期待させられたり…


「お前ら仲良いよな。付き合っちゃえば?」

「えっ!?」

私の想いなんて気付いてないくせに、


「椿、俺のことだけ見てて」


いつも貴方にドキドキさせられるばっかりで

映えない私の映えない想い。


届かぬ想いを今日もこの指先に託して、ねぇ?君に送るよ─


*

蓮藤 翔《れんどう しょう》

×

椿 愛澄《つばき あすみ》

*

表紙はPicrewこんぺいとう**サン「こんぺいとう**メーカー」で作りました♪

目次

この作品のキーワード
来栖お題企画  甘々  高校生  切ない  溺愛  短編