二卵性双生児として産まれて24年。

私、似鳥桃は物心ついた頃からずっと
『神様って不公平』って思っている。

容姿も、勉強も、運動も。
いい所は全部、双子の片割れ花蓮に持っていかれちゃったから。

神様!私たち一卵性の双子じゃダメだったのですか?

中学生の頃。
私は『双子の残念な方』って呼ばれ始めた。
親も、先生も、幼馴染も。
まわりはみんな花蓮だけに期待して。
みんな花蓮の事を好きになった。

『残念な方』の私を好きになる人なんていない。

ずっとずっと
私の周りの世界は双子の妹、花蓮を中心に回っていると信じていた。

花蓮は咲き誇る大輪の薔薇。
私は道端で咲いている芋虫がついた秋桜。

花蓮は特別。

子供の頃はずっとそんな状況を悲しく思っていたけれど。
大人になって何年も経つと…諦めも肝心ね、って悟る事が出来るようになるんだよね。

いつか。
花蓮ではなく、こんな地味な私の方が好きだっていう物好きな人が現れるといいなぁ。

まぁ多分、
無理だろうけど・・・。