私が3人の横をすり抜けて更衣室に入ると…。

私のロッカーの扉に、赤いスプレーで大きく『ブス!死ね!』と書いてあったんだ…。

顔面蒼白の私が更衣室から出ると

「あんたが悪いんだからね!」

麻美ちゃんが聞いたこともないような低い声で、私を睨みながら言った。

「せっかく水島さんが話しかけて下さってるのに、いつもつっけんどんな態度で!無視したりして!いい気になるんじゃないわよ!ほんと何様なのよ!『残念な方』のクセに!」

呆然とする私に

「あんたなんか死んじゃえばいい!」

美波先輩と悠太に引き摺られるようにして会議室の方に連れて行かれる麻美ちゃんは、泣きながら私に向かって…ずっと悪態をついていた。

「……っ…く」

更衣室に戻り、ロッカーのスプレーを雑巾で落としながら、私は震えと涙が止まらなかった。
学生の時、靴や教科書を隠された時の事を思い出す…。

「私はどうすればいいのよ。…親しくしてもいい気になってる。関わらないようにしていてもいい気になってる。いったい!どうすればいいって言うのよ!」

麻美ちゃん…、友達だと思っていたのに!
もう、誰も信じられない!

なんで社会人になってまでこんな目に会わなければいけないの?
社長の娘じゃなければよかった!
光輝や花蓮と兄妹じゃなければよかった!
大河なんかと幼馴染じゃなければよかった!
父にどれだけ反対されようが、遠い所で就職すればよかった!

泣きながら扉をゴシゴシ擦っていると。

「大丈夫?」
気がつくと美波先輩が、雑巾を持って傍に立っていた。

「はい、大丈夫です」
慌てて涙を拭い、答える。

「あんな人間ばかりじゃないからね…」

美波先輩は短くそれだけ言うと、雑巾で一緒に扉をゴシゴシ擦り始めた…。