30代女子、婚活中。

結婚相手に求める条件は「お酒が飲める男」!

もちろん外見もスペックも気になるけど、できればやっぱり一緒にお酒が飲みたい。

できれば私以上に飲める人だとなお嬉しいが・・・せめて一緒にお酒を楽しんでくれる人と結婚したい。

「悪い男にだまされないように俺が鍛えてやる!」という父の英才教育。
「僕よりお酒強いよね・・・」という元恋人の言葉。
「お酒が飲めるようになったら付き合ってくれるんですか?!」なんてアプローチまで。

事実は小説より奇なり、と言いたくなる面白いエピソード。
人に話すと笑ってもらえるのでエッセイにしてみようと思いました。

お酒大好きなアラサー女のお酒と愛を求めてさまよう笑い話をお送りします。

酒と婚活の珍道中、どうぞお楽しみください(笑)

あらすじ

「好みのタイプはお酒が飲める人」というお酒大好きな30代女のお酒と愛を求めてさまよう笑い話をお送りします。
事実は小説より奇なり、と言いたくなる面白いエピソード。
人に話すと笑ってもらえるのでエッセイにしてみようと思いました。
お楽しみいただけたら嬉しいです。

目次

この作品のキーワード
婚活  お酒  アラサー  失敗談  笑える話  30代女子