いつも学校へは車で行くか、電車で行くかのふたつである。

基本車なのだが、優翔が『電車が良い』と言えば電車になる。


私は別にどっちがいいとかはないが、優翔と一緒に行きたくないというのが本音で。



「鈴華、今日宿題あるけどやった?
やってなかったら見せてあげ…」

「学校で終わらせました!
そんな心配しなくて大丈夫だから!」


今日は車なのだが、隣に座る優翔が半分私に迫ってきていた。


「あと近い…!」
「少しでも近くで鈴華を見たいから」

「気持ち悪っ…あんたそれ変態が言うことだよ」
「それでいいんだよ」


すっと優翔の手が伸びてきて、頬を指で撫でられる。

それに反応して頬が熱くなるのも、彼が私から離れないひとつの理由かもしれない。

この作品のキーワード
胸キュン  甘々  溺愛  高校生  強引  ヤンデレ気質  ツンデレ