次の日の朝。

スマホで設定している目覚ましの音が鳴る。


その音を止めようと思い、目を閉じながら手で探ろうとしたけれど。


「もー、全然違うところ探してるよ。
スマホはこっちです」


ふっと近くで誰かが笑ったような気がするけれど、スマホの音が途切れたためまた二度寝しようと思ってしまう。

うとうとと目を閉じ、完全に眠りにつこうとしたその時。


突然ふにっと、唇に何かが当たる感触がした。


「ふっ、かわいい。
柔らかい唇してるなぁ、鈴華は」

それは一度ではなく、何度も。
しつこいくらい唇をふにふにと触ってくるようで。


それを止めるように手で掴み、目を開けると視界いっぱいに優翔の綺麗な顔が映った。

この作品のキーワード
胸キュン  甘々  溺愛  高校生  強引  ヤンデレ気質  ツンデレ