私は、ゆっくりと、腰を屈めた。

跪き、前屈みになった体を、床についた両手で支える。


きっと、私の頭上で、仲本桜子は勝利の笑みを浮かべているだろう。

私の支えになるものは、何もなくなった。

ここで頭を下げたら、私の完全敗北だ。

悔しい。

暗くなった視界の中で、私の頭は意に反して、下がっていこうとした。