床に手をつき、少しずつ頭が下がっていく。

──宇田支店長、今まですみませんでした。

そう言って、私は敗者となってこの会社を出ていけば、何もかも楽になるのか。

桃香さん、もう疲れちゃったよ……。


彼女の顔が、真っ暗な中から浮かんでこようとした時。

「……!」

左腕が力強くグッと掴まれ、思いっきり上へ引っ張り上げられた。