「分かった。すぐに向かう」


私のお父さんは小さな会社の社長で


「陽奈〜朝ごはんよ!」


お母さんはとっても優しい。


そんな家族は大好きで…



ーーだけどーー



「陽奈、見合いの話が来てるんだが」


「お父さんになんて口聞いてるの!」


一部分だけ、親を嫌ってしまう…



ある事からトラウマが出来た少女
柊 陽奈(ひいらぎ ひな)
×
少女を救う保険医
瀬川 蒼(せがわ あおい)


そんな中



両親と喧嘩して家を飛び出したある日…



「せんせ……助けて…っ…」


「陽奈ちゃん!?しっかりして!」


「…っ……せん……せ…」


「陽奈ちゃん‼︎」




ーー私は心も体も傷つけられてしまったーー




それからはもう、毎日が辛くて
ただひたすらこの世界から消えようとした。




「探したよ…陽奈ちゃん」


「離してっ、先生…
もう嫌…生きることが辛いの」


先生は、いつでも私を見つけてくれた。


「自由にさせて…先生…
もう私…耐えられない…っ」


「お願いですから…
もう…限界なんです」


「陽奈ちゃんが死ぬ必要は無い。
何があっても俺が守るから!
お願い。居なくならないで…」




そんな言葉、信じられるかな…。
私を守って、どんな意味がある…?






更新中にもかかわらず、本棚に入れて下さった
読書様!
本当にありがとうございます。

この作品のキーワード
先生  生徒  白衣  保健室  胸キュン  年の差  切ない  トラウマ