頰を伝う汗、握りしめた竹刀、興奮する胸ーーー。

「始めッ!!」

審判の声で立ち上がり、俺は相手を見つめる。

剣道は個人での戦い。味方は応援はしてくれるけど、助けてはくれない。

それでも、みんながいてくれるなら……俺に怖いものなどない。

この作品のキーワード
剣道  震災  PTSD  部活  試合  友情