カツカツカツ



城の地下にある、暗い通路には、京司と数人の兵士達の足音が響き渡った。



ギー

重く厳重な鉄の扉に兵士が手をかけ、その扉は不気味な音を立てて開いた。

その扉の中には、いくつかの牢屋がずらりと並んでおり、その中の牢屋には、反乱者と呼ばれる者が何人か捕えられている。

そして、その中の一つの牢屋の前で兵士が足を止めた。



「おい!ツキト。」



兵士が鉄格子の向こう側で、冷たい床に寝転んでいた月斗へと呼びかけた。



「あ?」



しかし、月斗は不機嫌な声を出すだけで、起き上がろうとはしない。



「起きろ!」

「は?」



月斗はその言葉に顔を歪め、そして兵士の横に立つその男を寝ころんだまま、視線だけをそちらに向けた。

京司の顔には、やはり今日も薄い布がかけられているため、月斗からはその顔は見えない。



「お前達は席を外せ。」

「!?何を…。」



兵士は驚きのあまり声を上げた。

京司は兵士達に、2人きりにするように指示をするが、兵士はもちろんそんな危険を伴う事をさせるわけにはいかないと思っている。



「いいから!これは命令だ!」

「…ハッ。」



しっかりと教育をされているこの国の兵士達は、天使教の命令に逆らう事などできるわけがない。

兵士達は仕方なく、鉄格子の扉の外へと歩いて行った。

この作品のキーワード
未来  身分差  シリアス  異世界  約束    奇跡    運命