「ここかー!!」



天音は彼に言われたとうりの方向へと歩き、やっとの事で、自分の部屋の前へと辿り着いた。

その部屋のプレートには701と書いてあった。それが天音の部屋の部屋番号だった。

そして、天音はガチャリと勢いよく、その部屋の扉を開けた。



「キャー!!」

「へ?」



扉を開けたその瞬間、甲高い女の悲鳴が中から聞こえ、天音は目を丸くし、扉の前にポカンと立ちつくした。

一体何が起こったというのだろうか??



「ちかん!!ってアレ?女?」



部屋の中から、黒髪ストレートのロングヘアーの、可愛らしい顔の女性が服に袖を通しながら、天音を見つめた。その甲高い声の正体はどうやら彼女のようだ。

その様子から見て、彼女は着替え中だったようだ。

そこで天音は、ようやく理解してきた。



「あ、ごめんなさい。着替え中だった…?」

「あ、もしかしてー、この部屋の子?なんだ、ごめんごめん。」



彼女は表情をころっと変えて、明るくて人懐っこい笑顔を天音に向けた。

バッチリとお化粧がしてあり、愛らしい彼女が笑うと、とっても華やかだ。



「あ、はい。」



天音は、そんな可愛らしい女性を見たのは初めてだったので、少し恥ずかしそうに答えた。

…やっぱり都会の女の子は違うなー。

それが彼女の第一印象だった。



この作品のキーワード
未来  身分差  シリアス  異世界  約束    奇跡    運命