初めまして。鈴原千尋と申します。

  この作品は、ある意味私に宛てた、私の持っている荷物を捨てるために書いたものです。小説というよりは、恐らく語りに近いです。

 公開を決心したのは、今、プラスやマイナス問わず、誰かに想いを寄せている方が、少しでも前に進めるエネルギーになれたらいいなと思ったからです。
そして、私が抱くこの気持ちを、誰かに分かって欲しかったからかもしれません。

 誤字脱字、その他至らない部分がありましたら申し訳ありません。

  拙い文章ですが、最後までお読み頂けたら幸いです。

あらすじ

もっと早くに気づけていたら、何かが変わったのだろうか。

この作品のキーワード
恋愛  実話  片思い  一途