初恋の人。それは、手の届かない存在だった。


真剣な横顔。たくましい背中。見つめてるだけで十分だった。


なのに....


「俺、お前のこと好きだから」

「先輩のこと出会ったときから好きでした。」

「好きだよ。」


同級生、後輩、好きな人。


答えは出てるはずなのに、どうしてすぐに言えないんだろ。


「やっぱり好きじゃなかった。」


なんとも思ってないのに、どうしてこんなに苦しいんだろう。


どうしてこんなに傷ついてるんだろう。


どうしてこんなにも恋はいい方向に向いてくれないんだろう。


いつだって恋は一方通行....。


交差する想いが描く、切なくて甘い


純愛切甘ストーリー。






この作品のキーワード
野いちご大賞  美少女  純愛  学園  切甘ラブ  お金持ち  すれ違い  イケメン