自分でも気づかなかった心の闇。



深い悲しみの中に使っていた私を
引っ張りあげてくれたのは



日本一の暴走族



"白龍"






「なんでお前は!そんなにも!
そんなにも笑いながら泣くんだよ!!」



「殲滅しろ」



「お前が誰だろうと
お前の手がどんなに汚れようと
俺はそんなお前を包み込んで
俺も一緒に汚れてやる!」




なんで、どうして、追いかけないで



あなたのせいで、私の仮面は壊れてく





"白龍"総長
通称"月の白龍"
鹿妻 悠月(かづま ゆづき)


×


仮面の少女
一ノ瀬 桃華(いちのせ とうか)

あらすじ

メガネに三つ編み、スカートは膝丈。

ヤンキー学校に似合わないほどの
絵に書いたような真面目な女の子

仮面の下の素顔は見せれない少女

「愛してるって言葉ほど
気軽に吐ける言葉はないわ」


×


愛する人のために。

それだけで戦ってきた王様
気づけば日本一。
名のブランドに魅了された女達。

「誰か、俺を見てよ。
"月の白龍"じゃない俺を」

この作品のキーワード
暴走族  総長  野いちご大賞  美人  イケメン  ヤクザ  世界一    溺愛  甘やかし