彦丸 34歳 恋人無し

1LDk 一人暮らし

ごくごく平凡な派遣社員

ただ少し

人と違う人生観を持つ


子供の頃

人一倍 シャイな彼は

先輩 同級生 後輩は苦手な存在

小さな虫たちだけが

彼の友達だった

その体験が 32歳の今も

彼の根幹の拘りとして

生き続けている

あらすじ

お盆休み

墓参りはここ数年縁遠い

彦丸には この時期

退屈なだけ

やるべき事の計画は立てない

朝に

洗濯機を回し部屋の掃除

あとは 不規則な食事

食後は テレビかスマホ

基本部屋では裸で過ごす

彦丸の不建設的すぎる盆休み

彼の休日が

今年も始まる

この作品のキーワード
生きる事  シャイ  人生観  虫たち  小さな命  つぶやき