「あをによし奈良の都に初袖のみやこ乙女らはなやぎ行けり」これはン十年前に筆者が奈良地方を正月に旅した折りに詠んだ和歌です。一般に我々東京者の目から見れば関西地方の人々は概して明るく社交的で、他人と語らうにも気安く見えます。奈良の法隆寺で見た初詣の〝みやこ乙女たち〟の振袖姿の美しさとも相俟って、往時の正月旅行が今も鮮明に印象に残っています。これに彼の著名な仏像写真家である入江泰吉のプロフィールを重ねて思い立ったのがこの作品です。戦争によって精神の失調を覚えていた入江は、自分のふるさとである奈良県は斑鳩の里へ目を向けることで(写真に撮ることで)自らを回復させます。そこにいわば西方浄土のやすらぎを見入出したわけですが、私は敢てここに〝みやこ乙女〟を入れてみました。人が失調するのも多分に人間によってですが(例えばその愚挙の最たる戦争とかによって)、それならば回復するにもやはり人間によってなされなければならないと考えます。葵の花言葉を体現したようなヒロイン和泉と、だらしなくも見っともない(?)根暗の青年である入江向一の恋愛模様をご鑑賞ください。

あらすじ

①舞台は奈良県(※のちに東京も跨ぐ)。
②主題はタイトル通り「葵の心」、葵の花言葉のそのどれもが当てはまるような主人公・和泉の心意気と生き方が主題です。
③現代病的青年のサブ主人公、向一を和泉が更生させます。その過程。
④和泉と向一の恋愛模様。
※米映画「卒業」の逆バージョン的作品。二人の容姿や映画のシーンは皆様方でご想像ください。では映画の幕が上がります。皆様ご着席ください…。

目次

この作品のキーワード
映画シナリオ  葵の花言葉  舞台は奈良県  関西と関東  木屋町の女  奈良漬・美味