記憶を無くした私を助けてくれたのは、野暮ったい眼鏡をかけた男だった。

あらすじ

ルポライターである美園灯《みそのあかり》は、カルト宗教団体ARK《アーク》を追っていた。

 ある日スクープ写真が撮れたものの、灯は記憶喪失になってしまった。
 目が覚めた時、知らない部屋に知らない男がいた。

 助けてくれたこの男は、果たして味方なのか?

この作品のキーワード
恋愛  記憶喪失