* ───────────── *

悲しくて空を見上げると
その一瞬だけ涙が止まる


でも、
いつのまにか頬を伝う涙


それを止めるすべを知らないし
それを止めてくれる人もいない



「悲しくなったら泣けばいい
その時は必ず俺が拭ってあげる。

───だから、
ひとりで隠れて泣いたりするな」



優しかったきみは、もういない
笑いかけてくれるきみもいない


あの時の後悔が、
「現在」と「過去」を繋ぎ合わせる───…


* ────────────── *





この作品のキーワード
大学生  後悔  過去    雑貨店  タイムリープ