坂道を転がるように駆け出す彼女。

ランドセルをカタコト鳴らし

友達と道草をしながら通うことのない…………彼女に許された

ホンのわずかな時間。

大切な時を、目一杯楽しむように

小さい体で誠次に追いつこうと必死だった。

幼い彼女の、思い出だ。

あれから十年の時が過ぎ。

今、彼女は……………

俺の前を堂々と歩いている。



『卒業します』の夏苗ちゃんと春人のその後です。

この作品のキーワード
保健室  先生  高校生  年の差  幼馴染み  失恋  大人