恨み晴らさで



結婚も考えていた。
けれど、彼の態度は次第にそっけなくなっていった。
私は悩んだし、落ち込んだ。
一人じゃ抱えきれなくて、友達に相談もした。

早苗。

友達どころか、親友だと思っていた、あの女。
恋の相談にも、いっぱいのってもらった。
でも、結局は私の彼氏を狙っていたのだ。
私と彼との関係に生まれた歪みにつけ込んで、早苗は私の元から、彼を奪い去った。

もちろん、私は早苗に文句を言った。
頭に血がのぼって、暴言も吐いた。どうしても気持ちが抑えられなくなったのだ。

落ち着きなよ、なんて早苗は私に諭すようにいった。
高みから見下ろすかのような言い方だ。

「感情的になってるんだろうけどさ、さすがに今の状態だと話にならないから、ね。何言ってるかわからないよ。
そういうとこが苦手だって、あの人も言っていたしね」

彼女への憎しみで、頭がいっぱいになった。

この作品のキーワード
ホラー  短編  ショート  幽霊  怖い話  怪談  サイコ  意味怖  ミステリー  不思議