「先生」私がそう呼ぶと先生は決まって「ん?」と言いながら皺の寄った優しい笑顔でこちらを振り向く。

大人でも子どもでもない高校生という年齢のユキが先生に抱く想いは憧れなのか恋なのか。

淡々と過ぎていく日常のなかでユキが先生に抱く想いは少しずつ募っていく。
そんな中でユキがとる行動とは。

あまりにも不器用で切ないラブストーリー。

あらすじ

淡々とした日々の中で先生と出会い少しずつ変わっていくユキ。
几帳面で優しい先生に憧れか恋かもわからない感情を募らせていく。

もしあの時感じた気持ちに名前をつけるなら私は恋と呼びたい。

高校生という年齢が描く不器用で切ないラブストーリー。

目次

この作品のキーワード
先生  生徒  高校生  年の差